ひと言コメント 当方にコンタクト頂く際は、"anyakoro.08@gmail.com"に連絡下さい。@は要変換です。


by augustus_13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年 12月 30日 ( 2 )

前回のエントリではZD50-200を紹介したが、その前に届いたレンズも紹介してみたい。
レンズの名前はLEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. L-RS014150(長っ!!以下VE14-150)である。

このVE14-150はフォーサーズマウントで出ている高倍率レンズ2本のうちの1本、しかしもう一本のオリンパスから出ているZDED18-180mm F3.5-6.3は、スタートが18mm(換算36mm)で、広角側に少し不満がある。(不満がない人には良いが)
というわけで、高倍率ズームレンズというと実質このレンズだけということになる。フォーサーズシステムにおいて重要な機構の一つにダストリダクションシステムがあり、このおかげでどんどん外でもレンズ交換してくださいね~。ということになっているためか?(ちがうかも(^^;)

とりあえずこのレンズ、かなりいいお値段がする。今までワタシが購入したレンズの中でも一番高価だ。レンズだけで10万超えるなんてありえないと思っていた頃の日が懐かしい(^^;
現在、このレンズに対する投資を回収するべく、このレンズを積極的に利用中!!
まだ、値段分の価値は見出せていないが、どうも保有するZDレンズとは違うなっていうことが判ってきた。まぁ、高倍率のわりに収差もあまり見られないし、小さいし、レンズ式の手ぶれ補正機構があるしということで、そもそも高倍率でレンズを交換しなくて済むので、シャッターチャンスに強いし、そのメリットは享受している。
撮影はE-3+SIGMA30mmF1.4とZD25mmF1.8(最後の一枚、だって3014寄れないから)

外箱と実際のケースの2重の箱にくるまれていた、高級レンズだからか?(住所情報はナイショ(^^;)
c0187587_22264995.jpg

梱包材(プチプチ)と外箱を取るとこんな感じのケース
c0187587_22151594.jpg

レンズの雄姿(手ぶれ補正機構MEGA O.I.S.はスイッチ切り替え方式)
c0187587_22153940.jpg

[PR]
by augustus_13 | 2008-12-30 22:33 | 機材

ZD50-200mmF2.8-3.5到着

本日ZD50-200mmF2.8-3.5(以下50-200)が到着した。
前回のエントリで今年の機材は終わりのつもりであったが、気がついたら増えていた。。。
非常に恐ろしい。
しかし、これでだいたい狙う機材はほぼ網羅できた。あと50mmの単焦点を1つ欲しいとは思うが、、、それはまた来年の話。別途標準好きとしては、14-35mmF2.0もあこがれてはいるが、実はLEICA D VE14-150をE-3と組み合わせて持ち歩くと、重さを感じるので、これ以上は厳しいのかな?とも思う。
おっと、話がズレた。50-200であるが、ヤマダWebの展示品大セールで購入している。ちょっとこれからもめそうなのであるが、そのあたりは決着してからにしたい。

さて展示品ということで梱包状態と、外観のチェックを。(E-3+35mmF3.5Macro)
梱包はこんな感じ。紙は結構ぎっしりはいっていてクッションの役目はあったようだが、上下は?)
c0187587_1205792.jpg

取り出した箱はこんな感じ。結構こすれている。。。う~ん。
c0187587_1212848.jpg

箱の中のレンズケースはこのようなもの、さすがに竹レンズはレンズケースがついている。なんかゴツイなぁ、誰が使うんだろうコレ?
c0187587_1214442.jpg

レンズとケースをおそろいで。
c0187587_1215984.jpg

後玉のチェック、特におおらかな私には気になるようなものはなかった。レンズ全般をみて、ちょっと触った後が残っていたぐらい。これは拭いておこう。
c0187587_1221838.jpg

とりあえず、一枚目の試写。ケースを撮ってみる。
c0187587_1223976.jpg


RAWをオリスタ2で現像、適宜トリミング&リサイズ。
[PR]
by augustus_13 | 2008-12-30 12:09 | 機材